白雲無盡時~2度目のアメリカ暮らし

DC郊外のNorth Bethesdaで暮らしています。旅、美術館巡り、スポーツ観戦など、日々を楽しんでいます。

NYC旅行でMETとDIA訪問

ここしばらく旅行が続いています。

今週はNYCに行ってきました。2月はオフシーズンなので、ベセスダから出ているバスも空いていました。NYCへの道も空いていました。さらにはマンハッタンも空いていました。(とはいえDC近辺よりはずっと混んでいます。)

今回のNYCの主目的も美術鑑賞。大好きなMETと念願のDIAを訪問してきました。

 

まずはMET(メトロポリタン美術館)。

ここはとにかく何度行っても新鮮な感動があります。開館と同時に入館し、今回こそはふだんあまりみない展示もしっかりみようと思っていたのですが、20世紀初頭前後の絵画(いわゆる印象派およびその前後)を観ているとあっという間に時間が経ってしまい、ランチを挟んでモダンアートを鑑賞しているともう14時。年のせいか、寒さのせいか、不覚にも疲れてしまい、このあとアジアアートを鑑賞したものの15時過ぎにはもうヘトヘト。いつも見ているアートを観て終了w。ショップも見る気力もなく、ホテルに引き上げました。ほんとはそのあとWhitney Museumに行くつもりでいましたが、もう全然無理でした。

それにしても、こんなに印象派(およびその周辺)の絵画がMETにあったっけ?とあらためて感動しました。圧倒的な量です。デュガ、ゴッホ、モネ、スーラ、ピサロ、セザンヌ・・・・しかも保存状態がいいです。NGAのゴッホのバラの絵はひび割れていますが、METのバラの絵はきれいなままでした。いまは白いバラになっていますが、これも元はピンク色だったのでしょうか。

f:id:tigerrich:20190212045208j:plain

さて、翌日はDIA:Beacon。読み方は「ディア ビーコン」です。コンテンポラリーアートの美術館です。グランドセントラルターミナルからMetro Northという電車にのって北へ90分。ビーコンという街にあります。電車はハドソン川沿いをずっと走るので、風光明媚です。途中でWest Pointが対岸に見えます。

わざわざこの美術館に来たのは、大好きなRobert Rymanの作品が22点展示されているからです。こんなにたくさんのRymanを一度に見れる場所はここだけです。White on Whiteだらけに囲まれて、うっとりしました。

f:id:tigerrich:20190212045222j:plain

 

Richard Serraの大きな彫刻(鉄板の塊)が複数展示されています。渦巻き状になっている作品の中に入っていく道中で、すっかり気持ち悪くなりましたw。

f:id:tigerrich:20190212045415j:plain

 

ほかにもAndy Warhol、Louise Bourgeois、Sandback、Juddなどなど、コンテンポラリーアートのなかでもとくに造形物に興味がある人にはたまらない作品が展示されていました。

ディア ビーコンはマンハッタンから随分離れたところにあり、かつ、訪問したのは平日(金曜日)だったのですが、思った以上に見学者がいました。こんな辺鄙な場所でかつマニアックな美術館にもお客さんがいることに、まずは感動しました。

さらにうれしい驚きは、美術館のカフェです。ランチを食べたところ、意外においしかったのです。これまで世界各地の美術館に行くと、もう二度と来ない可能性が高いので、記念として、必ず一番高級なカフェ/ダイニングに足を運ぶことにしていたのですが、毎回味については残念すぎる経験しかしていませんでした。というわけで、ディアのすごさにこれまた驚きました。わざわざ足を運んだ甲斐がありましたw。

 

 

 

 

LA旅行でNorton Simon, MOCA, Broad訪問

LAに行ってきました。今回のLA訪問では

  • Museum of Contemporary Art (MOCA)
  • The Broad
  • Norton Simon Museum

の3館を訪問してきました。連邦政府機関閉鎖でスミソニアンも1か月閉館していたので、アート不足を一気に解消してきました。

 

まずはMOCA。

f:id:tigerrich:20190205065757j:plain

Oldenburg

Olenburgの作品がたくさん展示されていました。カッコいいです。Rothkoの作品も7~8枚展示されていて、思った以上に見ごたえがありました。

 

つづいてThe Broad。

f:id:tigerrich:20190205070118j:plain

Jeff Koonsの風船犬。でかいです。風船ではなくステンレスです。

 

f:id:tigerrich:20190205070323j:plain

そしてEllsworth Kelly。ミニマリストで潔いです。

この他にも草間彌生や村上隆の作品も展示されていました。

 

さいごにNorton Simon。

f:id:tigerrich:20190205070437j:plain

彩色がちょっとセザンヌっぽくないのですが、セザンヌです。この美術館には特にドガとロートレックが多く展示されていました。そのほかにもモダンアートや19世紀以前のアートが展示されていました。

 

昨年はLACMAに一昨年はGettyに行って、両館ともにちょっとがっかりだったので、今回はあまり期待せずに行ったところ、がっかりすることはありませんでした。とはいえもう一度行きたいかと聞かれると、まぁもういいかな、というところです。旅行中にわざわざ再訪するほどではないです。LAに住んでいて時間があるのであれば、The Broadなんかは無料なので何度も行っても損はないと思います。

いろんな美術館に行ったあとに毎回感じるのですが、DCの美術館のレベルの高さを改めて思い知らされる3館訪問となりました。

第53回スーパーボール

今年はスティーラーズがプレーオフに進出できなかったので、レギュラーシーズン後はすっかり冷静に試合を観戦することができました。

AFCチャンピオンシップではペイトリオッツvsチーフスという好カード。地方のヤンキーにしか見えないQBマホームズ君は才能にあふれていますが、彼にはブレイディ先生からNFLの厳しさを教えてあげてほしいと勝手に願っていたところ、さすがブレイディ先生。しっかりと経験の重要さを伝授することに成功しました。

一方でNFCチャンピオンシップではセインツvsラムズ。だれよりも花があるHCのSean McVay君をもうちょっと見ていたいというただそれだけの理由で応援していましたが、審判も味方に引き入れることができて(?)スーパーボール進出を果たしました。終了間際のパスインターフェアの未判定を巡って紛糾していますが、その後のOTでも得点できなかったので、わずかな実力の差が出たんだと思います。

というわけで前振りが長くなりましたが、夢の対決となったスーパーボール。私としては、やはりブレイディ先生が若雄羊軍団に経験の重要さを学ばせる展開になってほしいと願っていました。しかも、ブレイディ先生には限られた時間しかありませんが、若雄羊軍団にはこれから10年以上の時間がありますから。(McVay君に至っては、少なく見積もっても後30年くらいありますw)

というわけで、いわゆるHatersだらけのペイトリオッツを応援していました。開始早々いいリズムで攻め込んだペイトリオッツですが、いきなりインターセプトを決められてしまい、雲行きが一気に怪しくなりました。このあとも、まさかのフィールドゴール失敗等があり、全然点が入りません。

一方で、若雄羊軍団のQBゴフ君は、とにかくファーストダウン更新ができません。そう、これです。これがスーパーボールなんです。ビッグベンも最初の年のプレイオフではまともにパスを投げることが全くできませんでした。それに比べればゴフ君は頑張って投げていたと思います。しかし、とにかくサックされていてかわいそうでした。でもそれがスーパーボール。この経験を来年以降に活かしてほしいです。ついでに、年を経るにつれて、もっと花が出てくるといいですね。ライアン ゴズリング君に何となく似ているのでポテンシャルはあるはずw。ヘッドコーチが一番花があるというのもユニークでいいですけどw。HCだとなにせ怪我をしないから、安定的に力が発揮できるはず。

さて、試合に戻りますと、ディフェンスがすごいというよりも、なんだか盛り上がりに欠けるつまらない試合展開でした。第3Qを終えてもTDがないのはいかにも盛り上がりに欠けました。とはいえこのままブレイディ先生が終わるわけがありません。なんといっても9回目のスーパーボールです。GOATです。日本的に言うと、「神様、仏様、ブレイディ様。」です。第4QについにTDを決めてくれました。しかもグロンク君がロングパスを取って、ミシェル君がランを決めるというまさにペイトリオッツの理想形。グロンク君には往年の圧倒的なパワーがありませんが、それでもここぞというときにかならず決めてくれるのがグロンク君。しびれました。

とはいえMVPはエデルマンw。まぁそうでしょうね。

終わってみれば、祈っていたとおり、ペイトリオッツの勝利となりました。ブレイディ先生はスーパーボール6勝。ペイトリオッツはブレイディ先生だけで6勝。スティーラーズも6勝していますが、1QBだけで築いた歴史ではないので、いかにブレイディ先生がすごいか・・・。ベリチック先生にいたっては、もうやばすぎてコメントもできません。

エデルマンも今回を含めて3つのスーパーボールリングをもっています。試合後のインタビューでどのリングがお気にいり?と聞かれて、次のリングが一番お気に入りですとの素敵な回答。さっき試合が終わったばかりなのにもう次のスーパーボール制覇を期しているなんて。感動。

 

さて、スーパーボール前に出ていたCNNの記事が秀逸だったのでリンクを貼っておきます。こういう記事は大好きです。

www.cnn.com

そして、スーパーボールウィークに毎年開催されるABCのKid Correspontの面白インタビューのリンクも貼っておきます。1分7秒あたりから始まるブレイディ先生へのインタビューは抱腹絶倒で見逃せません。「AKA, the Haters!」

www.youtube.com

 

連邦政府機関閉鎖

史上最長となった連邦政府閉鎖。この影響はスミソニアン全館閉館およびナショナルギャラリー(NGA)閉館におよびます。Whitereadの特別展も、閉鎖中に展示期間を迎えてしまい、ひっそりと終わってしまう羽目になってしまいました。すばらしい特別展だったので、心から残念です・・・。

おかげで、出かける先がすっかりなくなってしまいました。スミソニアンとNGAがないDCは、もはや単なる地方都市と大差がありません。私にとってはとても大きな存在だったんだなぁとあらためて気づかされました。

あまりに暇なのでNetflixでも見るしかないですw。

Google Fi は圧倒的に便利

これまでスマホはAT&TのPrepaidプランにお世話になっていました。国内通話無料、テキスト無料で最小限のデータ通信(1GB)のプランで、毎月35ドルくらいでした。US国内で使う分には何の問題もなかったのですが、国外に出た途端WiFi経由でしか使えません。そのため、国外に旅行するときには、現地でSIMカードを買ったりしていました。日本に一時帰国した時にもSIMカードを買っていました。

不便だなぁと思っていた矢先に、Google Fiが2018年11月末からiPhoneにも公式にサービスを開始しました。基本料20ドル(国内通話無料、テキスト無料)+データ通信料は10ドル/GBというお得な料金体系です。データ通信をあまり使わないので、AT&Tのプランとほぼ同じ程度の料金で済みそうです。

というわけで早速乗り換えてみました。

先日のポルトガル&イギリス旅行でも試したところ、その威力をまざまざと実感しました。なんの設定を変更することもなく、まるで国内移動をするように、どちらの国でも使うことができました。しかも通話はたったの1分20セントと激安です。これまではSIMカードを現地で買っても通話することができない場合がほとんどだったので、通話できるようになり俄然便利になりました。

そしてアメリカに戻ってきても、まったく設定変更いらず。ただひたすら普通に使い続けられます。圧倒的な便利さです。

Google Fi。便利すぎます。

 

Roma

f:id:tigerrich:20190109034148j:plain

話題のRomaを観ました。

モノクロの映像がとにかく美しく息を呑みました。どのショットもすべてアートで、絵葉書になります。とにかく圧倒的な映像美です。

お話もハリウッド的なわざとらしさは影を潜め、ただ、人生の不条理さが淡々と語られていきます。

いいものを観たなぁ、というのが感想です。

 

 

The National Gallery, London

f:id:tigerrich:20190108073641j:plain

リスボンからDCに帰る途中にロンドンに立ち寄りました。というわけで念願のThe National Gallery, Londonを訪問。すごいコレクションですが、入場料は無料です。

2019年1月3日午後に訪問したところ、入るなりびっくりしたのが、とにかく人・人・人。とくに印象派の部屋にたどり着くと、とにかく人が多くて、じっくり見る雰囲気ではありませんでした。早々に退散して、人がやや少ない有料で開催されている印象派の展示室に行ったところ、冒頭のSeuratのBathersに出くわしました。これをロンドンで観たかったので、ゆっくりと鑑賞することができて大満足でした。

ここナショナルギャラリーでは、普通の人にはそれほど有名ではない絵画の部屋にも人があふれかえっていたので、ここを訪れる人の教養がすごいのか、単にとにかく人が多いのかわかりませんでしたが、とにかく人の多さに圧倒されたナショナルギャラリー訪問となりました。

ポルトガル旅行

f:id:tigerrich:20190108072459j:plain

今回の年末年始はポルトガルを旅してきました。

リスボンとポルトの2都市に滞在したのですが、どちらもとても素敵な街でした。

リスボンでは世界遺産に指定されているジェロニモ修道院とベレンの塔を観光。大航海時代の栄華を感じました。さらに、近郊のシントラにも行ってきました。こちらも世界遺産に指定されていますが、なんとも悪趣味な宮殿群で、なぜこれが世界遺産?と首をかしげ続ける状態でした。

リスボンからポルトには鉄道で移動しました。事前にウェブサイトでチケットを予約し、30分前くらいに駅に到着したところ、リスボン発の列車はすでにホームに到着していました。意外なことに、列車は時刻通りに出発しました。到着は数分遅れましたが、まさかの正確さに驚きました。

そして、ポルト。冒頭の写真はポルトの写真です。この町は本当に美しかったです。街の古さを示すかのように、石畳の小道が迷路のように張り巡らされていて、あてどもなく散歩することがこの上なく楽しかったです。

両都市に共通しているのが、食事のおいしさです。何を食べてもおいしいうえに、とにかく安いのです。ランチなら一人7~8ユーロ、ディナーなら15~20ユーロもあれば十分においしいものをおなか一杯食べることができました。コーヒーも1ユーロ弱、ペットボトルの水をスーパーで買うと500mLで11セントと、衝撃のお得価格。ナタ(エッグタルト)も1ユーロするかしないかです。食べてとくにおいしかったのが、イワシ、タラ、タコ、エッグタルトです。ほかのものも不味いと思うものは一切なくて、とにかく幸せでした。

リスボンはスリがとにかく多いと聞いていたのでものすごく用心していたのですが、そのおかげか被害にあうこともなく、とても楽しい滞在になりました。

また行きたいです。

Rachel Whiteread特別展@The National Gallery of Art

f:id:tigerrich:20181222065602j:plain

 

好きすぎて何回観に来ているかわからないRachel Whiteread特別展。ナショナルギャラリーで開催されています。2019年1月13日には閉幕してしまうので、またまた来てしまいました。

先週ギャラリートークに参加して作品の背景について勉強したので、今回は今までの中で一番丹念に全展示を鑑賞してみました。

いやぁ、とにかく素晴らしい。

ミニマリズムの要素もありつつも、彼女の作品には他にはない温かみがあります。

閉幕までにもう1回観に行きたいです。

 

マーラー第1交響曲@The Kennedy Center

今月はNSOのマーラーを聴きにケネディーセンターに行ってきました。

Music DirectorのマエストロNosedaが指揮する演奏を聴くのは初めてでした。とても献身的な指揮で、マエストロを見ているのも面白かったです。

今回は演奏曲がややマイナーであったためか、7割くらいしか席が埋まっていませんでした。

f:id:tigerrich:20181222065319j:plain

 

Copyright © 2018 白雲無盡時 All Rights Reserved.