白雲無盡時~2度目のアメリカ暮らし

DC郊外のNorth Bethesdaで暮らしています。旅、美術館巡り、スポーツ観戦を力いっぱい楽しんでいます。

マチュピチュ旅行③ハイキング

このツアーでは、ハイキングを選ぶこともできます。今回は2つのハイキングコースを歩いてみました。

■雨のウアカウアシハイキング

f:id:tigerrich:20180111035116j:plain

このハイキングは標高3650mからスタートし、3.4㎞先の標高3850mのロッジを目指して歩きます。残念ながらあいにくの悪天候で、歩きだし始めたときから大粒の雨が降っていて、レインスーツの上にポンチョを来て歩きました。このコースのきついところは、最初に一気に200m登るところです。雨も降っていて足場も悪く、霧も濃いために見晴らしを楽しむこともできず、たとえ見晴らしがよかったとしても楽しむ余裕もなく、滑らないように足元を見て必死に歩き続けました。雨のおかげで、水を飲むのにも、お菓子を食べるのにも、とにかく苦労しました。ハイキングの終わりのほうでようやく雨がやみ、お昼ご飯を食べることができました。このとき食べたお昼ご飯のおいしさは格別でした。

3時間弱のハイキングでしたが、このハイキングで疲労困憊し、体が冷え切ってしまいました。ロッジに着いてからはずっと横になっていましたが、とにかく寒くて仕方ありません。湯たんぽ入手に奔走してくれた夫に感謝です。

 

■インカトレイルハイキングf:id:tigerrich:20180111034506j:plain

さて、雨のハイキングの翌日、3時間ほどのインカトレイルハイキングに行ってきました。この日は打って変わって曇り~晴れのハイキング日和。道もほとんど平坦だったので、楽しくハイキング・・・と言いたいところですが、いかんせん平坦でも3000m級の高地。普通に歩いているだけなのに、すぐに疲れてしまいました。

とはいえインカトレイルの絶景は・・・とにかく素晴らしい。

とにかく素晴らしいのです。ニュージーランドのミルフォードサウンドのハイキングも絶景と言われていますが、それとはまた違うすごさを持っていました。地元の人が今でもこのトレイルを使っていて、ときおりすれ違います。どの人も民族衣装を着ていて、シャイな笑顔で挨拶してくれます。リャマやアルパカの放牧にも随所で出会います。ハイカーは我々以外いません。まるで古のインカに迷い込んだような気持ちになります。

とはいえ、体力はやはり限界で常に最後尾を歩く始末。この日もロッジに到着後、ずっと横になっていました・・・。

マチュピチュ旅行②遺跡巡り

今回のツアーでは、おおよそ1日に1つの遺跡を散策しました。

 

■ピサク遺跡 The Archaeological Site of Pisaq

f:id:tigerrich:20180111032156j:plain

見事な段々畑が印象的なピサク遺跡。この写真は遺跡のほんの一部です。石造りの建物や墓地が広範囲に築かれています。ちょっとした丘に登るのにも息が切れ、すぐに疲れてしまいました。

 

■アンカスマルカ遺跡 The Archaeological Site of Ancasmarca

f:id:tigerrich:20180111032255j:plain

ここはラピュタか?と思うような遺跡です。この写真も遺跡のごくごく一部にすぎません。アンカスマルカ遺跡も壮大な遺跡で、もともとは税金を納める場所だったそうです。斜面には倉庫と思われる石造りの建物が数多く築かれていました。場所が不便なところにあるせいか観光客はほとんどいませんでした。

 

■オリャンタイタンボ遺跡 The Archaeological Site of Ollantaytambo

f:id:tigerrich:20180111032826j:plain

マチュピチュにまだたどり着いていないのに、とにかくすごい遺跡群のオンパレードです。こちらのオリャンタイタンボ遺跡は、とにかく石・石・石です。この石の秩序に圧倒されます。

 

■マチュピチュ遺跡 Machu Picchu Sanctuary

f:id:tigerrich:20180111033104j:plain

そして真打ち登場です。これまで見た遺跡も素晴らしかったのですが、やはりマチュピチュは別格でした。圧倒的過ぎて、自分の目で直接見ていることが信じられませんでした。ペルーから帰ってきた今は猶更、本当にこの景色を自分で見たのか、半信半疑な気持ちになってしまいます。

マチュピチュ遺跡は想像以上に別格のすばらしさでしたが、アクセスするのも別格でした。というのも、ここだけはツアーのバンではアクセスできません。オリャンタイタンボから列車に乗りマチュピチュ駅で降り、そこからはマチュピチュ行きの専用のバスに乗る必要があります。列車は1時間30分、バスは30分です。どちらに乗る際にもパスポートの提示をひたすら要求されるので、激しい雨が降っている中では、やや難儀しました。マチュピチュ遺跡に入場する際にも、再びパスポート提示が要求されます。ちなみに列車、バス、入場券を買うときにもパスポートが要求されます。

雨が降っているときはそれほどいなかった観光客も、雨が上がった後には大混雑するほどになりました。

 

 

マチュピチュ旅行①周辺情報

f:id:tigerrich:20180109061221j:plain

行ってきました。念願のマチュピチュへ。大感動でした。

ワシントンDCのDulles空港からリマへはLATAM航空の直行便があります。リマで国内線に乗り換えてクスコに到着し、3000m超の標高に3日ほど体を慣らしてから5日間のツアーに参加しました。

 

■旅行会社:Mountain Lodges of Peruは超おススメ

参加したツアーはMountain Lodges of Peruという会社が催行するLares Adventure Tour to Machu Picchuというツアーです。

Mountain Lodges of Peru

この会社はとても評判が高い会社で、Travel+Leisureのトップ5ツアー会社にランキングされています。1ツアーあたり最大12名という少人数でハイキングや文化体験を織り交ぜたツアーを企画しています。

この会社のすごいところは、猛烈に辺鄙なところにすごく素敵なロッジを自前で建てて運営している点です。ハイキングでヘトヘトになって宿にたどり着くと、現地の人がおしぼりとハーブティーで迎えてくれるので、毎回とても感激しました。地元の雇用にも役立っていてすごいです。

提携しているロッジに泊まる日もあるのですが、それもまたすごく素敵で、とても個人では手配できなかったと思います。

ガイドさんも距離感が絶妙なうえに、猛烈に仕事ができます。英語もペラペラです。臨機応変に個々の参加者のニーズも満たしてくれます。

ツアー中は3食付きで、提供される食事は毎回おいしく、「日本はおもてなしの精神」なんて言っていますが、井の中の蛙でしかない、と強く感じました。

マチュピチュには行ってみたいけれどただ単に行って帰るだけではもったいない + 英語で普通に意思疎通ができる、という人には強くおススメしたいツアーです。

 

■Lares Adventure Tour to Machu Picchu

このツアーの場合、毎日2~3種類の選択肢から自分が参加するイベントを選ぶことができます。たいていの場合、文化体験・普通のハイキング・しっかりしたハイキングの3種類が毎日用意されています。初日は自重する意味で文化体験を、それ以降は普通のハイキングを選びました。体力に全く自信がなかったので、しっかりしたハイキングは選びませんでした。

参加者はアメリカ人ばかりかと思いきや、イタリア、ブラジルからも参加者がいました。ハイキングが主体になるので、それなりに若くて体力がある参加者ばかりで、私が最もひ弱でした。

 

■高山病は大変

ダイアモックスを処方してもらい、用法用量に従って、クスコに着く24時間前から1日2回飲み始めたのですが、実際には高山病に苦しめられました。とくにクスコ到着当日が吐き気がつらくて、ずっと横になっていました。2日目以降はうそのように楽になって、観光もできるようになりましたが、脈拍は通常の1.5~2倍、夜はあまり眠れずのどが渇いて目覚める、という毎日でした。

ハイキングも、平地ならば余裕の距離と高低差なのに、高地であるためにすぐに疲れてしまいました。とくに4,000m級のハイキングは、豪雨の中のハイキングで登りがきつくてとても寒かったこともあり、疲労困憊になりました。

マチュピチュに近づくにつれて標高が下がり、ハイキング後の疲れも少なくなっていきました。

 

■天候と装備

南半球なので12月・1月といえば夏真っ盛りのはずですが、そこは標高が高いクスコ(とマチュピチュ)。寒いです。摂氏10度前後でした。夜は5度くらい。

ハイキング中も寒く、それなりの装備は必要でした。しかも雨期なので、しっかりとしたレインスーツ上下、ポンチョ、つばのある帽子は必須でした。バックパックカバーも必須です。靴も防水仕様のトレッキングシューズがお勧めです。トレッキングポールは、登りがきついコースでは大活躍でした。

 

■クスコのお食事処

食事にはスープ屋さんのMr. Soup、和食のきんたろう、ペルー料理のPukara、中華料理のKionを利用しました。この中では中華料理のKionが一番おいしかったです。12角の石の近くにあります。ここのチャーハンとワンタンスープで体力が回復しました。そのほかの場所はあまりお勧めしません・・・。

カフェではMusio Cafeを利用しました。ここのコーヒーはびっくりするくらいおいしいです。Pucaraの近くにありますが、奥まったところにあるので見つけづらいです。

 

■恐怖のトイレ事情

途上国に行くと時々出会う「トイレにペーパーを流さないでください」という注意書き。ここにもありました。空港や駅の公衆トイレだけではなく、それなりに高級なホテルですら、この注意書きがありました。流さずにゴミ箱に捨てろとのこと。これは地獄でした。

しかも、ホテル、空港、駅ではない場所にある普通のトイレは、もっと恐怖です。どう恐怖かというと、便座がない、紙がない、水が流れない、手洗場がない、のです。どうです、恐ろしいでしょう?

というわけで、ペルー旅行にはトイレットペーパーとハンドサニタライザーが必携です。事前に調べていたので準備は万端でしたが、いざ直面した時はやはり絶体絶命のピンチ感満載でした。これから行く皆さんはくれぐれも準備は入念に。

 

以上が周辺情報です。遺跡情報・ハイキング情報は次号に続きます。

Star Wars : The Last Jedi

f:id:tigerrich:20171223012345j:plain

The Last Jediを劇場で見てきました。まだ公開第1週目ですが、平日の昼間ということもあってかガラガラでした。

感想を箇条書きで書きます。

  • エピソード5のような、衝撃の真実発覚はなかった
  • 昼メロ風味は抑え気味でアクションシーンはふんだん
  • 都合のよい展開は今作もふんだん
  • 意外なことに特攻シーンが複数あり、特攻をある意味美化している
  • Snokeの護衛部隊がまるで赤い甲冑のサムライ集団
  • Finnが完全に無私状態で自己犠牲度合いが高すぎる
  • Roseは整備士なのに、なぜパイロットもできるのか
  • そういえばFinnもパイロットではなかったはず
  • そういえばReyもパイロットではなかったのでは
  • Finnはなぜ帝国の装備について詳しいのか
  • Roseの出番が多いのであれば、もう少しきれいな女性にしてほしかった
  • Kylo Renももう少し二枚目の男性にしてほしかった
  • ReyとFinnの配役はちょうどいい
  • ReyとFinnの関係は、LukeとLeiaの関係を思い起こさせる
  • 爆発が直撃しても、宇宙空間に投げ出されても、生き残れるLeiaはすごい
  • チューイとヨーダは不変で安定感抜群
  • C-3PO、R2-D2も安定感抜群
  • Lukeは過去の戦いを経験して偉大なジェダイになっているはずなのに、なんだか小さな人物になってしまっている。老けっぷりもすごい
  • 最後に出てくる少年は、まるで子供時代のアナキン
  • DJって途中ずいぶん出てきたけれど、結局これで終わり?Boba Fettみたいな扱い?
  • Reyの両親は普通のひと(Kylo Ren談)。アナキンもお父さんはいなくてお母さんは普通の人だったわけだし、このまま無名の血統にしていてほしい
  • 上映時間2時間半は、長い

前作The Force Awakenで出てきた謎は、だいぶんそのままに置き去りで、今作ではさらに新しい謎が追加されたように感じました。エピソード9で回収されるのか、それともソッとしておくのか・・・どうも後者の予感がプンプンします。次は2019年の年末公開とのことなので、今回見た内容はすっかり忘れてしまいそうです。

Star Wars: The Force Awakens

f:id:tigerrich:20171223010436j:plain

先週から公開が始まったThe Last Jediを見るために、その前作となるThe Force Awakensを鑑賞しました。

シリーズの1~3、4~6を踏まえながら、今の時代でつくるStar Warsという仕上がりになっていました。1~6で全面に出ていた安っぽい昼メロ調は影を潜め、Rogue One寄りの雰囲気になっています。とはいえ、Star Warsシリーズで一貫して登場する都合のよいつじつま合わせは、相変わらず各所にちりばめられていて、ややうんざりします。

おなじみのキャラHan Solo、Leia、Lukeが猛烈に老け込んでいる様子は、特殊効果では出せないリアルさがあり、とても切ない気持ちになります。そして、コテンパンにやっつけたはずの帝国が30数年を経て銀河を支配する強大な力として甦っていること、共和国が再び瀕死となっていることには、なぜ?という疑問しかわきません。結局どうやっても帝国が世の中を支配する仕組みとして優れている、ということでしょうか、それとも共和国に統治能力がないだけでしょうか。だとしたら帝国に再び勝ったとしても、また同じことが繰り返されるだけで・・・。いろいろとなんとなくすっきりしませんが、エピソード9以降もStar Warsは続くそうなので、そのほうが都合がいいのでしょうね。

そして、ReyとFinn。なぜいきなりこの二人はライトセーバーが使えるのでしょうか。しかも、なぜFinnはStormtrooperが正しいことではない、と認識できたのでしょうか・・・。疑問はつきないです。

The Last Jediではこのあたりが明らかになるのでしょうか?ダースベイダーがルークのお父さんであることが明らかになったエピソード5のような衝撃が、エピソード8にあるのか・・・楽しみです。

 

The Crown

f:id:tigerrich:20171221010952j:plain

The Crownのシーズン1と2を見終えました。

イギリスの女王エリザベス2世の結婚直前から第4子誕生までが描かれています。イギリスの歴史を全く知らなかったので勉強になります。

このドラマは、エリザベス女王が主人公にもかかわらず、彼女自身というよりもむしろその周囲にいる様々な人物が繰り広げる出来事を中心にして進行していきます。

最初のうちは、なぜエリザベス女王にもっとフォーカスしないのかと不思議に思っていましたが、見ていくうちに得心しました。わざとそう描いている、ということを。

エリザベス女王が自分の立場と役割を十分に理解しているからこそ、ハプニングの中心になるようなことは絶対に控え、私心を捨てて透明な存在に徹していること。

一方で、それを理解できない人々が、透明ではない存在となることを女王に期待して、自分勝手にふるまうことの理不尽さ。

この2軸がエピソードを見るにつれて鮮明に浮かび上がってきます。

とにかく、女王にとっては理不尽なことの連続。周りの人はもっと助けてあげたらいいのに、むしろ足を引っ張った挙句に最後は女王が助けてくれることを期待する・・・という構図が続きます。

決して心が温まるようなドラマではなく、全編を通してなんとなく見ごたえがあるような、ないような、という展開ですが、シーズン2の最終話の最後の10分はとても素敵でした。そうであってほしい、と祈る気持ちになる、エンディングでした。

シーズン3も見るか?と言われると、見たいですね、やっぱり。

REI ←レイではなく、R・E・I

f:id:tigerrich:20171221004948j:plain

住んでいる近くにREIが出来たのは今年の春。ここによく通うようになったのは、年末の旅行に備えてハイキンググッズを購入するようになってから。

今日はREIが主催している旅行写真の基礎についての無料クラスを受講してきました。講師は靴売り場の店員さん。さすがREIの店員さんだけあって、アウトドア旅行経験が豊富で、例となる写真も世界中の写真が出てきます。しかも素敵な写真がざっくざく。私もこんな風に写真を撮りたいです。

習ったことで今覚えているのは

  • 朝・夕の光は風景をきれいに映し出す
  • 構図は三分割法
  • 何かを手にもった被写体を映すときは、その手をカメラに近づける

です。とても勉強になりました。

また扁桃腺が・・・

ちょっと寒いなぁと思いつつも暖房を入れずにのんびり本を読んでいたら、のどが痛くなって、またもや扁桃腺が腫れてしまいました。急激に腫れたせいか、のどが痛いなぁと思い始めてから数時間でつばを飲み込むのもやっとの状態に。微熱も出てきました。高熱ではないのがありがたいです。

扁桃腺なんてこの年になるまで腫れたこともなかったのに、これで今年2回目です。暖かくして、よく眠るしかありません。

Blade Runner

 f:id:tigerrich:20171221011533j:plain

古いほうのBlade Runnerを見ました。

ハリソンフォードが若い。アメリカがイメージする日本が映し出されていて面白いです。ほんと、ヘン。

Final Cut版を見たせいか、とくに暴力シーンが生々しくて見ていられませんでした。古い映画でもあるため会話も聞き取りにくく、細かいやり取りはほぼ不明・・・。

最近公開された続編2049を見に行くための準備、と思って鑑賞してみましたが、この暴力シーンの連続には耐えられそうにもないので、2049を劇場で見ることはないと思います。

 

The Future of Design by Jony Ive @Hirshhorn Museum

アップルのチーフデザインオフィサーJony Iveの講演”The Future of Design”を聞いてきました。会場に到着すると、キャンセル待ちの長蛇の列ができていてびっくりしました。主に若者が列に並んでいました。講演開始ギリギリに会場の中に入ると満席でした。

講演は対談形式でした。演題は”The Futnre of Design”でしたが、アップルの新キャンパスの話や仕事の現状についての話がメインで、Futureについては余り言及がありませんでした。とはいえ、それはそれで興味深かったです。

Jony Iveは、終始穏やかな口調で話し、インタビューアーの話もよく聞き、およそアップルのイメージとは異なりました。インタビューアーがIveになぜ人の話をよく聞くの?と聞いたところ、

The best idea is usually quiet. The quiet voice has the best idea.

と言っていたのが印象的でした。

Copyright © 2017 白雲無盡時 All Rights Reserved.