白雲無盡時~2度目のアメリカ暮らし

DC郊外のNorth Bethesdaで暮らしています。旅、美術館巡り、スポーツ観戦など、日々を楽しんでいます。

美術館・博物館

The Kreeger Museum

DCの郊外にある The Kreeger Museumに行ってきました。公共交通機関で行くのが難しい豪邸街にあるので、車かUberで行くことになります。駐車場が小さいと聞いていたので私はUberで行きました。Red LineのTenley Town-AU駅から車で10分ほどです。 Kreeger夫妻…

Contemporary Art

先日SmithsonianでComtemporary Artについて講義を受けてきました。講義では、Pop Art、Minimalism、Conceptual Art、Land Art、Graffitiなどがカバーされ、これまでNational Gallery East BuidlingやSmithsonian American Art Museumで知らず知らずに観てき…

Bostonへ小旅行①ボストン美術館

今年もBostonに行ってきました。 前回と同様に、今回もMuseum of Fine Arts, Boston(いわゆるボストン美術館)に行ってきました。昨年訪問したときに、あまり好きになれない美術館だなぁという印象を持ったのですが、果たして今回はどうだったか・・・。 結…

Evenings at the Edge @ National Gallery of Art

NGAで開催された特別イベントEvenings at the Edgeに参加してきました。これは閉館後にNGAの東館が開放されて、新しく始まる特別展を一足早く鑑賞したり、ホールで演奏される音楽を楽しんだりするイベントです。誰でも参加可能ですが、事前の申し込みが必要…

Glenstone Museum

ポトマックにあるGlenstone Museumに行ってきました。 ここは大富豪の個人が運営しているコンテンポラリーアートの美術館です。入場料は無料ですが、事前にインターネットで入館予約が必要です。ちなみに大富豪の邸宅も敷地内にあり、外観を見ることができま…

The Art Institute of Chicago は最高

開館15分前に訪問したところ、早くもチケットを買う行列ができていました。平日にもかかわらず大人気です。列は案外速く進み、開館から10分ほどでチケットを買うことができました。 今回は開館から閉館まで時間を使って全部の展示を観ようと心に決めていまし…

Museum of Contemporary Art Chicago

趣味がとてもよいと事前情報で聞いていたMCA。ウキウキした気持ちで訪問したところ、ちょっと想像と違いました。 現在の特別展示はミレニアル世代によるデジタルメディアを使ったアート作品が中心でした。最先端のコンテンポラリーアートといえますが、最先…

Renwick Gallery 再訪

Burning Man Projectの作品を展示しているRenwickに再び行ってきました。夏休み真っ盛りのせいか見学者が多く、Templeはもはや静かに祈りをささげる場所ではなくなっていました。ほかの展示もにぎわっていて、今回は早々に退散せざるをえませんでした。 上の…

National Gallery of Art 再訪

またまた行ってきましたNational Gallery of Art。 何度行っても新しい発見があります。 今回はいつもはスキップしてしまう中世のイタリア、オランダ、ベルギー、スペインの絵画を中心に鑑賞しました。エルグレコ、ラファエル、フィリッポリッピ、ルーベンス…

Renwick Gallery再訪

Renwick Galleryに行ってきました。現在はNo Spectators: The Art of Burning Manという特別展が開催されています。 この特別展を見るまでBurning Manというものを全く知らなかったで、このプロジェクトの存在を知ることができたことに心から感謝しています…

National Archives

National Archivesに行ってきました。日曜の昼下がりに行ったところ、入場するときには列が少しできていました。 2階のRotundaにThe Declaration of Independence、Constitution、Bill of Rightsの原本が展示されています。この文書を見るための列ができて…

National Gallery of Art 再訪

いつ来ても新しい発見があります。West Buildingで印象派を鑑賞してから、East WingのAlexander Calderの部屋でくつろぎ、Matisseをゆっくり鑑賞しました。 贅沢すぎる空間と時間です。

National Building Museum

建物の外はアジサイが満開でした。 この博物館は、中に入るだけなら無料、展示を見るなら10ドルがかかります。 特別展ではSecret Citiesと題して、Manhattan Projectのために新設された3つの都市の都市計画に関する展示がされていました。3つの都市とはOak…

The Metropolitan Museum of Art 再訪

The METを再訪しました。今回は2時間弱しかなかったので、日本画の特別展The Poetry of Nature: Edo Paintings from the Fishbein-Bender Collectionを中心に鑑賞しました。江戸時代の屏風絵や掛け軸が中心で、与謝蕪村、円山応挙、酒井抱一の作品がふんだん…

National Gallery of Art再訪

NGAでは5月下旬までSally Mann展が開催されています。The New York Timesでも大々的に取り上げられていたので気になっていました。 というわけでNGAに久しぶりに行ってきました。思ったよりもSally Mann展は人気でした。ほとんどがモノクロの写真です。自然…

Hirshhorn Museum再訪

久しぶりにHirshhornで作品を鑑賞しました。展示はすっかり新しいものに変わっていて、2階だけでなく3階の常設展示もガラッと変わっていました。この写真は3階の常設展示です。手前の4つの写真は杉本博司氏の作品です。私自身は写真に関心がないので、こ…

オバマ大統領の肖像画@ National Portrait Gallery

オバマ大統領の公式肖像画の公開がNational Portrait Galleryで始まったので観に行ってきました。公開翌日(平日)の夕方に訪れたところ、この絵画の正面には写真を撮る列ができていました。10分くらい並んで写真を撮りました。(写真を撮らずに見るだけなら、…

National Gallery of Art 再訪

National Gallery of Artに行ってきました。今回は18世紀~20世紀のフランスの美術品に関するツアーに参加してきました。 上の写真はNGAのサイトから借用しています。もともとはベルサイユ宮殿にあった噴水のキューピッド像で、ルイ14世が製作を命じたそうで…

Los Angeles County Museum of Art(LACMA)

アメリカ西海岸で最大級のコレクションをもつLACMAに行ってきました。そして確信しました。西海岸は美術品鑑賞には向かない場所だ、ということを。 NYCのメトロポリタン美術館(The Met)とおなじ入館料25ドルの割には、LACMAに展示されているコレクションはあ…

The Future of Design by Jony Ive @Hirshhorn Museum

アップルのチーフデザインオフィサーJony Iveの講演”The Future of Design”を聞いてきました。会場に到着すると、キャンセル待ちの長蛇の列ができていてびっくりしました。主に若者が列に並んでいました。講演開始ギリギリに会場の中に入ると満席でした。 講…

Santa Fe ~ Taos Pueblo ~ The Georgia O'Keeffe Museum

ニューメキシコ州のサンタフェに行ってきました。サンタフェは高度が高いので通常だと寒いはずですが、旅行期間中は暖かくて過ごしやすかったです。 ダウンタウンはアドビ建築で統一されていて、とても趣のある場所でした。こじんまりとしているので歩いて回…

Freer Gallery & Sackler Gallery 再訪

久しぶりにサックラー美術館に行ってきました。サックラーは特別展が主体なので久しぶりに行くと展示ががらりと変わっています。今回は仏教関連の展示と中国の古代の鐘の展示が面白かったです。 とはいえなんとなく物足りなかったのでフリーア美術館にも合わ…

MOMA再訪

ニューヨーク近代美術館MOMAを再訪しました。金曜日の午後に訪問したところ、今回も混雑していました。(といっても日本のような混雑ではありませんが。) 今回の特別展はルイーズブルゴーニュ展でした。大きな蜘蛛(ママン)のオブジェで有名なアーティスト…

Neue Galerie New York

ノイエギャラリーに行ってきました。こちらは館内写真撮影禁止です。上記の画像はノイエギャラリーのHPから拝借しました。 この美術館はクリムトの絵画を数点展示している小さなギャラリーです。中でもこのPortrait of Adele Bloch-Bauer Iがとっておきの展…

MET再訪

ニューヨークのメトロポリタン美術館を再訪してきました。今回は近現代美術と中国美術を中心に見て回りました。 やはりMETのコレクションは圧倒的です。お昼を挟んで合計4時間ほど滞在しましたが、近現代美術と中国美術をみるので精一杯でした。とくに今回…

フェルメール展@National Gallery of Art

ナショナルギャラリーでは2018年1月22日までフェルメール展が開かれています。ルーブル、アイルランド国立美術館と回ってきて、いよいよナショナルギャラリーでの開催です。フェルメールは寡作なことで知られていますが、そのうちの10作品が一気に見られるま…

The Art Institute of Chicago

シカゴ美術館に行ってきました。ここにはスーラのグランド・ジャット島の日曜日の午後とエドワードホッパーのナイトホークスが展示されています。それぞれの画家を好きな人にとって、この美術館は聖地です。 もちろんこの他にも有名絵画が目白押しです。土曜…

Freer Gallery of Art

フリーアギャラリーがリノベーションを終えて、ついに10月14日から開館しています。開館から間もない16日に早速訪問してきました。 アジア美術の宝庫、という予備知識だけで行ってみたところ、確かにその通りで、日本、中国、韓国、イスラム、インドの工芸品…

Andy Warhol Musuem

ピッツバーグ出身のアンディーウォーホール。彼の駆け出しのころから晩年までを網羅したアンディーウォーホール美術館を訪問してきました。絵画だけではなく、彼が手がけた工業デザインも展示されています。色遣いがまさにアメリカを感じさせます。 絵画だけ…

Cooper Hewitt Smithsonian Design Museum @ NYC

アンドリューカーネギーの邸宅だった場所にあるクーパーヒューイットスミソニアンデザイン博物館。庭はだれでも入ることができ、隅にある卓球台では親子が楽しそうに遊んでいました。 この博物館は、スミソニアンだけあって入館料が破格の5ドルです。私が訪…

Copyright © 2018 白雲無盡時 All Rights Reserved.