読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白雲無盡時~2度目のアメリカ暮らし

現在はDC郊外のNorth Bethesdaで暮らしています。10年後には忘れてしまっている日々の備忘録です。

メリーランド州の運転免許証の取得①

車両登録ではMVAの受付カウンターで門前払いを食らってしまいましたが、ここで歩みを止めている場合ではありません。並行して、メリーランド州の運転免許を取得する作業もドンドン進めていきます。

大変ありがたいことに、メリーランド州は日本とのForeign Reciprocity Agreementsという合意により、2016年1月から日本の運転免許があればメリーランド州で新たに学科試験や路上試験を受けることなく、メリーランド州の運転免許を取得することができます。詳細はMVAのHPを参照していただきたいのですが、申請に必要な文書/モノは以下のようです。

  1. Sources of Proof(IDおよびメリーランド州に住んでいることを証明する文書)
  2. Vision Screening(MVAで視力の検査をします)
  3. 3時間のアルコールとドラッグの講習の受講
  4. 日本の運転免許
  5. 運転免許の公式な翻訳(日本大使館で作成してもらいます)
  6. 申請費用

というわけで、まずは5の文書を入手するべく、Embassy Row沿いにある日本大使館の領事館に行ってきました。DCではこの夏で最も暑い日にもかかわらず(37度くらい)、Dupont Circleから領事館まで炎天下の正午前に歩くこと20分・・・、思いのほかこじんまりとした建物に領事館は入っていました。入ってすぐの場所でセキュリティチェックを受けた後、窓口で運転免許の翻訳を申請しました。

翻訳作成申請のために提出したモノは、

  1. 申請書(大使館のウェブサイトからファイルをダウンロードして印刷し、記入してからもっていきました)
  2. パスポート
  3. 日本の運転免許証

です。 訪れている人もほとんどいなかったせいか、20分もしないうちに翻訳を作ってくれました。 この暑い中、また行かずにすみ、心からありがたいです。料金は2名分で36ドル。支払いは現金のみなので要注意です。

 

文書を入手したあと、同じ道のりをさらに暑くなった炎天下の元、帰りました。

帰る途中、近くにあるSAKANAというレストランでランチを食べてみました。ごはんの量がとても多くて残してしまいましたが、おいしかったです。

 

 つづく

 

 

Copyright © 2017 白雲無盡時 All Rights Reserved.