白雲無盡時~2度目のアメリカ暮らし

DC郊外のNorth Bethesdaで暮らしています。旅、美術館巡り、スポーツ観戦を力いっぱい楽しんでいます。

メトロポリタン美術館 The Met in NYC

f:id:tigerrich:20170712055030j:plain

ニューヨークシティにあるメトロポリタン美術館に行ってきました。観光シーズン真っ盛りの土曜日の夕方だったせいか、ずいぶん混雑していました。(とはいえ東京の混雑とはレベルが違います。)夜9時まで開いているので、夕方から入ってもじっくりとみることができます。

Informationで全体の地図を探していると、日本人の案内係のひとに声をかけられました。見たい画家の名前を伝えると、さらに詳しい地図を渡してくださって、とても丁寧に説明してくださいました。おかげさまでこの日見たいと思っていた作品をすべて見ることができました。

メトロポリタン美術館ですごいなと思ったのは、ゴッホの展示です。ガラスケース越しではなく、直に目で絵画をみることができるため、立体的な筆の運びを直接感じることができます。これはゴッホ好きにはたまりません。圧巻です。アムステルダムのゴッホ美術館以外でこんなにしっかりとした展示を見ることができて感激しました。

f:id:tigerrich:20170712055242j:plain

f:id:tigerrich:20170712055359j:plain

 

フェルメールの作品も展示されていました。ただあまり感動はありませんでした。アムステルダム国立美術館でみた「牛乳を注ぐ女」は、一度見るとなかなかその場を離れることができないくらい引力があるのですが、ここにあるフェルメール作品にはなんとなくピンときませんでした。

f:id:tigerrich:20170712055649j:plain

 

特別展では中国の兵馬俑が展示されていました。今回初めて兵馬俑を見たのですが、あまりのリアルさと美しさに驚きました。紀元前にもかかわらず、この技術力の高さには脱帽です。ボストン美術館のアジア美術の展示はなんだかジョークみたいな内容でしたが、ここのアジア美術展示は常設展も含めてしっかりしていました。

f:id:tigerrich:20170712055759j:plain

 

「とても1日では回り切れない」とよく聞きますが、本当にそうだと思いました。そして、メトロポリタン美術館は量と質が伴っている数少ない美術館だと思いました。今回は3時間弱の駆け足鑑賞だったので、また行きたいです。(ちなみにボストン美術館はリピートしたいとは思わないです。)

Copyright © 2017 白雲無盡時 All Rights Reserved.