白雲無盡時~2度目のアメリカ暮らし

DC郊外のNorth Bethesdaで暮らしています。旅、美術館巡り、スポーツ観戦など、日々を楽しんでいます。

マチュピチュ旅行②遺跡巡り

今回のツアーでは、おおよそ1日に1つの遺跡を散策しました。

 

■ピサク遺跡 The Archaeological Site of Pisaq

f:id:tigerrich:20180111032156j:plain

見事な段々畑が印象的なピサク遺跡。この写真は遺跡のほんの一部です。石造りの建物や墓地が広範囲に築かれています。ちょっとした丘に登るのにも息が切れ、すぐに疲れてしまいました。

 

■アンカスマルカ遺跡 The Archaeological Site of Ancasmarca

f:id:tigerrich:20180111032255j:plain

ここはラピュタか?と思うような遺跡です。この写真も遺跡のごくごく一部にすぎません。アンカスマルカ遺跡も壮大な遺跡で、もともとは税金を納める場所だったそうです。斜面には倉庫と思われる石造りの建物が数多く築かれていました。場所が不便なところにあるせいか観光客はほとんどいませんでした。

 

■オリャンタイタンボ遺跡 The Archaeological Site of Ollantaytambo

f:id:tigerrich:20180111032826j:plain

マチュピチュにまだたどり着いていないのに、とにかくすごい遺跡群のオンパレードです。こちらのオリャンタイタンボ遺跡は、とにかく石・石・石です。この石の秩序に圧倒されます。

 

■マチュピチュ遺跡 Machu Picchu Sanctuary

f:id:tigerrich:20180111033104j:plain

そして真打ち登場です。これまで見た遺跡も素晴らしかったのですが、やはりマチュピチュは別格でした。圧倒的過ぎて、自分の目で直接見ていることが信じられませんでした。ペルーから帰ってきた今は猶更、本当にこの景色を自分で見たのか、半信半疑な気持ちになってしまいます。

マチュピチュ遺跡は想像以上に別格のすばらしさでしたが、アクセスするのも別格でした。というのも、ここだけはツアーのバンではアクセスできません。オリャンタイタンボから列車に乗りマチュピチュ駅で降り、そこからはマチュピチュ行きの専用のバスに乗る必要があります。列車は1時間30分、バスは30分です。どちらに乗る際にもパスポートの提示をひたすら要求されるので、激しい雨が降っている中では、やや難儀しました。マチュピチュ遺跡に入場する際にも、再びパスポート提示が要求されます。ちなみに列車、バス、入場券を買うときにもパスポートが要求されます。

雨が降っているときはそれほどいなかった観光客も、雨が上がった後には大混雑するほどになりました。

 

 

Copyright © 2018 白雲無盡時 All Rights Reserved.