白雲無盡時~2度目のアメリカ暮らし

DC郊外のNorth Bethesdaで暮らしています。旅、美術館巡り、スポーツ観戦など、日々を楽しんでいます。

AMP by Strathmoreでジャズを鑑賞してがっかりした件

近所のPike & RoseというショッピングモールにはAMP by Strathmoreという小さなライブ会場があります。近所で気軽にジャズを楽しめるのはいいなぁと思い、先日初めて行ってみました。

まずはAMPのウェブサイトで演奏日程を調べます。行きたい日に演奏しているアーティストはジャズピアニスト。ウェブサイトで紹介されているYouTubeの演奏を見る限りは、なんだか素敵。というわけで、ウェブサイトでチケットを購入しました。チケットは座席ありが35ドル、スタンディングが27ドルです。

チケット購入後はウェブサイトからプリントアウトして持っていく形式ではありません。Will Call形式、つまり、当日チケットオフィスに立ち寄って名前を伝えてチケットをもらう方式です。チケットオフィスはGapとiPicTheaterの間にひっそりとたたずんでいるので、ややわかりにくいです。

そして会場に入ると、カフェテリア形式でテーブルと座席が並んでいます。ざっと見たところ120名くらいが座れそうです。食事をしている人もいれば、飲み物を頼んでいるだけの人もいます。ステージはこじんまりとしているもののシンプルですっきりしていて期待感が高まります。

そして演奏が始まりました。メインのジャズピアニストのほかにもバイオリン2名、ビオラ1名、チェロ1名、ベース、ドラム、ボーカル3名の構成。

しかし開始早々これまでに感じたことがない違和感を覚えました。メインのピアニストがそもそもそんなにうまくない・・・。そして弦楽器もひどい・・・。極めつけはボーカル。聞くに堪えないひどい歌声で、うっかり眉間にしわが寄ってしまいました。

そのあとに出てきたスペシャルゲストのバイオリニストが唯一の救いでした。彼女はうまかった。しかしさらに出てきたスペシャルゲストのボーカリストは・・・動きは聖子ちゃん。それだけならまだよいのですが、声が濁声で、これまた聞くに堪えないレベル。昔はうまかったのかもしれませんが・・・。

音楽鑑賞が苦行となったのは初めてです。演奏が終わると、いそいそと帰りました。そもそもチケットが35ドルだったのは、パフォーマンスのレベルに比例していたからだろうと、自分で自分を納得させるしかありませんでした。

 

Copyright © 2018 白雲無盡時 All Rights Reserved.